経営コンサルタント ご紹介

千葉市,千葉,税理士,税理士事務所,千葉県,会計,税金,税務,財務,経理,節税,相続税,贈与税,資産税,法人税,所得税,消費税,地方税,竹本税務会計事務所,決算書,試算表,年末調整,源泉徴収,記帳代行,事業承継,経営承継,資金繰り,相続,遺言,遺言書,遺産相続,遺産分割,成年後見,会社設立,起業,開業,独立,起業支援,創業融資,銀行交渉,税務調査,顧問契約,顧問税理士,税理士変更,経営計画,経営改善,資金繰り改善,税金対策,税務対策,経営対策,決算対策,節税対策,相続対策,相続税対策,資金繰り対策,税金相談,税務相談,経営相談,節税相談,相続相談,相続税相談,資金繰り相談,千葉市,千葉,税理士,税理士事務所,千葉県,会計,税金,税務,財務,経理,節税,相続税,贈与税,資産税,法人税,所得税,消費税,地方税,竹本税務会計事務所,事業承継,経営承継,資金繰り,相続,遺言,遺言書,遺産相続,遺産分割,成年後見,会社設立,起業,開業,独立,起業支援,創業融資,銀行交渉,税務調査,顧問契約,顧問税理士,税理士変更,経営計画,経営改善,資金繰り改善,税金対策,税務対策,経営対策,決算対策,節税対策,相続対策,相続税対策,資金繰り対策,税金相談,税務相談,経営相談,節税相談,相続相談,相続税相談,資金繰り相談,千葉市,千葉,税理士,税理士事務所,千葉県,会計,税金,税務,財務,経理,節税,相続税,贈与税,資産税,法人税,所得税,消費税,地方税,竹本税務会計事務所,遺言,遺言書,遺産相続,遺産分割,成年後見,会社設立,起業,開業,独立,創業融資

経営コンサルタント ご紹介

当事務所では、業績アップを望む中小企業の皆様に販売促進、営業力強化等の手法を提供しております。また、実績のある中小企業専門のコンサルタント、インターネットビジネスやマスメディア専門のコンサルタントともタイアップし、顧問先様の業績向上に全力で取り組み、成果を挙げています。
 
自ら多くの事業を立ち上げ成功を収める一方、400社以上の企業再建を成功させた 『 ナニワのすご腕再建屋 』 の異名を持つ桂幹人氏率いるコンサルタントグループです。固定概念を壊す → 顧客目線で考える →着地点を決める→ ウリ(顧客が求める商品・サービス)を創る → 誰に、何を、どの方法とタイミングで、いくらで売るのかを考え、徹底的に売りに走る~桂メソッドといわれるこの手法で、中小企業の事業再構築を支援しています。
代表 桂幹人氏 プロフィール 
 20代で事業を全国展開し上場寸前のところまで行くも倒産。元手50万円から再起し、記帳代行、人材事業へと年商120億の日本アシストを育て上げる。その間、100を超える事業を立ち上げ、その後「中小企業の社長を応援したい」との思いから事業コンサルティングを開始。平成17年にはNHK「にんげんドキュメント」で「社長道場」(大阪産創館)が評価され、その講師活動が全国に紹介された。
長年にわたり「日経ベンチャー」に連載記事が特集され、著書に「儲からんのはアンタのせいや」を始め、ビジネス書として異例のロングセラーが多数。
現在、「桂義塾」(社長スクール)を立ち上げ、全国の経営者に本物の事業構築法と事業家魂を伝えるべく奔走している。
 
「東京の下町から元気を発信します」を旗印に、中小企業専門の経営戦略再構築を支援するコンサルティングに特化、「お役立ち」を基本理念に中小企業の社長の外部参謀役として活躍中。商工会議所等での豊富なセミナー実績を基に、戦略社長塾、時間戦略塾、顧客戦略塾、経営計画塾等を随時開催し、町医者的な立場で中小企業の経営者に笑顔と幸せを運ぶべく日々奔走しています。
五十嵐勉代表のモットー
『心が変われば、態度(考え)が変わる
態度(考え)が変われば、習慣(行動)が変わる
習慣(行動)が変われば、人格が変わる
人格が変われば、運命(未来)が変わる
運命(未来)が変われば、人生が変わる』
転んでも必ず立ち上がる!
 五十嵐ダルマです^^
 
「タダでマスコミに紹介してもらうノウハウ」を語らせたら右に出るものはいないマスメディア専門のコンサルタント。メーカー、PR会社、企業の広報宣伝部などでの経験を生かし、ニュース性を武器に社会現象化を後押しする「PRコンサルティング活動」、ビックリするほど効果的に見込み客が集まり販売が進む「集客のための企画・提案活動」を行っています。マスコミでブレイクする企業の陰に竹村氏あり!
「世論」まで作ってしまうPR = ニュースの威力をビジネスに活用!!
「ニュースクリエイター」として、PRコンサルティング会社を運営する竹村氏が、ニュース・マーケティングのノウハウを伝授。会社のさまざまな情報を「ニュース化」し、広告に頼らずマスコミや口コミを使ってビジネスをブレイクさせるマーケティングの手法を事例豊富に紹介。 
リリース分の書き方やマスコミリストの入手方法を書いた本が類書には多いですが、 本書はニュースのネタの作り方に触れている点が特徴です。
Share by: